POST CONFERENCE WORKSHOPS   ポストワークショップ

Post conference workshop  registration was closed.

ポストワークショップ参加登録を終了しました。

But Payment by Paypal or Bank Account is accepted for registered users.

Paypalまたは銀行振込による支払いを受け付けています。

 

 


 The post conference workshop is a place to talk about a specific theme of the Playback Theatre for 2 days.

 

We will share about the following themes.

  •  Woven together by Love – Sustaining a playback theatre group; Michael Cheng (Singapore)
  • Artistic acting in Playback Theatre; Josephine Lin (Taiwan)
  • Japanese way. Simplicity is the ultimate beauty; Kayo Munakata (Japan)

 

 Those who want to share what they felt after the APPTC 2017 is finished deeper.  Those who want to talk about their own tasks felt in the experience of the Playback theatre. Those who want to join the new theme presented here.

 Of course, you can also participate in this schedule only.

 The venue will be held at "Sagi(Heron) island" across the ship from the place where the APPTC2017 was held.

 We welcome participation from various people. Please enjoy a short trip.

 ポストワークショップは、2泊2日でプレイバックシアターの特定のテーマについて語り合う場です。

 

 下記のテーマについて語り合います。

  • 愛で共に織りなす-プレイバックシアターカンパニーの維持;マイケル・チェン(シンガポール)
  • プレイバックシアターにおける芸術的アクティング; ジョセフィン・リン(台湾)
  • プレイバックシアターにみる日本的美意識; 宗像佳代(日本)

 

 アジア大会2017が終わったあとに感じたことを、新鮮なうちにもっと深く共有したい方。これまでの演劇の経験で感じている自らの課題について語りたい方。ここで提示されている新たなテーマに参加したい方。

 もちろん、この日程のみでの参加もできます。

 会場はアジア大会2017が開催された場所から、船で渡る「鷺島」で開催します。

 様々な方からの参加を歓迎します。小さな旅を楽しんでください。

 

About Sagi Island 鷺島について http://sagishima.info/

Date;開催日程

Date: 6 and 7 November 2017(Monday and Tuesday)

日時:2017年11月6~7日(月,火)

Time: 9:00a.m. on 6th – 5:00p.m. on 7th

時間:6日の9:00a.m. – 7日の4:30p.m.

We will take a ferry at 5:40 pm from Mihara port and arrive at Sagi port at 6:05 pm on 5th November. We will leave the center at 4:30 pm and take a ferry at 5:10 pm on 7th. The ferry arrives Mihara station at 5:35 pm.

11月5日午後5:40三原港発のフェリーで,鷺島に移動します。7日は午後5:10鷺港発のフェリーで三原に5:35に着きます。

 

 

 

Venue: Mihara Sagi Seminar Center

場所:三原市サギ・セミナー・センター(三原市鷺浦町向田野浦555番地1)

Participation and Accommodation Fee: 30,000 JPN yen

Accommodation includes night stay on 5th and 6th, breakfast and lunch on 6th and 7th, and dinner on 5th and 6th.

Rooms are Japanese style. You will stay with several people in a room.

参加費(宿泊・食事含む):30,000円

 5日と6日の宿泊,朝2昼2食、2夕食付き、和室の相部屋です。



Post conference workshop  registration was closed.

ポストワークショップ参加登録を終了しました。


Bank account to be transferred into 振り込み先

We will accept a bank transfer or PayPal for participation fee.

参加費は,銀行振込み,あるいはPayPalで受け付けます。

  • Bank account
    • Name of Bank: THE HIROSHIMA BANK, LTD
    • Swift Code/Bic Code: HIROJPJT
    • Name of Branch: MIHARA-NISHI BRANCH
    • Address: 1-26-22 MINAMI MIHARA JAPAN
    • Name of Account: ASIA PACIFIC PLAYBACK THEATRE CONFERENCE 2017
    • Number of Account: 251-3158240
    • Phone: 81-848-60-1236
  • 広島銀行 三原西支店 普通 3158240
    アジア太平洋プレイバックシアター大会2017代表吉川ひろみ
    (アジアタイヘイヨウプレイバックシアタータイカイニセンジュウナナ) 
  • PayPal

Pay by Registration fee by paypal : Paypal での支払い

Post Workshops:ポストワークショップ

¥30,000


Contents of workshops; ワークショップの内容

Please choose and register one from post conference workshop 1 to 3.

ポストワークショップ1~3の中から,一つ選んで登録してください。

The maximum number of participants is 15 in each workshop.

参加定員は,各ワークショップ15名です。


Woven together by Love – Sustaining a playback theatre group; 愛で共に織りなす-プレイバックシアターカンパニーの維持

Trainer;講師

  • Michael Cheng (Singapore);
    マイケル・チェン(シンガポール)
  • Languages he can use 使用可能言語
    English & Mandarin 英語・北京語

Description;概要

 This topic borrows from Woven Together by Love, an article on Company Life written by Sarah Urech.
 In this workshop, we will practice self-care by taking time and making space for stories of company life. Through the stories we share with one another, participants will collaborate to find best practices for their contexts, and build support for one another.
 This workshop will also reference the 3 circles Ritual, Artistry, and Social Interaction, as a framework for a full and positive company life.

 このタイトルはサラ・ユーレクが書いた劇団(カンパニーライフ)についての論文「愛で共に織りなす」からとっています。
 このワークショップでは,劇団がストーリーのための場を作り,時間をとっていくことで,劇団自体のケアを行っていくということに取り組みます。ストーリーを通してお互いにシェアし合う経験をもち,参加者それぞれが自分の状況において最良のやり方を見つけるために協力し合ったり,お互いにサポートし合ったりします。
 このワークショップでは,充実したポジティブな劇団となるために,リチュアル,芸術性,社会活動という3つの円の理論も使っていきます。

Biography;講師紹介

 Michael Cheng is an applied drama practitioner. He has worked across a wide spectrum of communities, from young children, people with special needs, married couples, people with HIV, to vulnerable populations and people-at-risk.  He is Artistic Director of Tapestry Playback Theatre. A graduate of the Centre for Playback Theatre (CPT), he currently serves as Vice-Chairman on the Board of Directors of CPT. He is a member of the International Playback Theatre Network (IPTN), and a member of the Singapore Drama Educators Association (SDEA).
彼はアプライドドラマ(Applied Drama)を実践している。幼い子ども,特別支援が必要な人々,夫婦,HIV患者,虚弱な集団やリスクに晒されている人々といった広い範囲のコミュニティにおいて取り組んでいる。タペストリープレイバックシアターの芸術担当。Center for Playback Theatreを卒業し,現在は同センターの役員会で副会長を務める。国際プレイバックシアターネットワークのメンバーであり,シンガポールドラマ教育協会の会員でもある。

Artistic acting in Playback Theatre; プレイバックシアターにおける芸術的アクティング

Trainer;講師

  • Josephine Lin (Taiwan);
    ジョセフィン・リン(台湾)
  • Languages she can use 使用可能言語
    English & Mandarin  英語・北京語

Description;概要

 Story as a long form is always a playbacker’s love and fear. We enjoy the freedom of it but also worry we cannot reach the depth or explore the artistry of it. Quite often after a show, one would regret what had been acted or what hadn't been acted, which bring self-doubts and may also block team work in future. Sometimes the core of story gets lost in the chaotic acting…… The aim of this workshop is to explore the theatrical side of playback. Let’s not just act out but be the act of authentic, compassionate and metaphorical. Just like a cup of coffee with sugar and milk in it, mixing three different elements to create a lovely performance! Josephine will use her directing techniques to help PB actors to experiment bravely, learn from mistakes and experience miracles. In two days, instead of feeling isolated, the group would support each other to transcend the fear and reach a real freedom. 

 長いフォームであるストーリーを行う時,プレイバック人は常に愛と恐怖を感じます。自由を楽しみつつも,深い芸術性に到達できるのだろうか,しっかり演じられるだろうかと心配になります。ショーの後で,演じられたこと,あるいは演じられなかったことを思い,落胆することがよくあります。そうすると自信を失ったり,将来チームワークを損なってしまうことにもなるかもしれません。アクティングが混乱し,ストーリーの核心が見失われてしまうこともあるでしょう。

 このワークショップの目的は,プレイバックの劇場的側面を探求することです。単に演じるだけではなく,真正で情け深く隠喩的な演技をしましょう。コーヒーに砂糖とミルクを入れるように,愛おしいパフォーマンスを創造するために3つの異なる要素を混ぜてみようと思います。失敗から学び,奇跡を経験し,勇敢なる実験を行っていくアクターになれるよう,私が行っている技術を紹介するつもりです。

 2日間,このグループでは,孤立を感じることなく,恐怖を乗り越え,本当の自由に到達するために,お互いに支え合います。

Biography;講師紹介

  • Accredited Trainer of Center of Playback Theatre
  • Artistic Director of Even Near in Taiwan
  • Chairman for Asian Playback Gathering 2009
  • 2011 Graduate of International Storytelling Training (UK)
  • 2008 Graduate of Certificated Playback Theatre Leadership Training (NY, USA)  
  • 2003 MA in Dramatherapy (UK)

Even Near, the first Playback Theatre company of Taiwan, was set up in 2004. As the Artistic Director of Even Near, I concentrate on the artistry of improvisational performance and broaden the concept of Playback Theatre from “Individual Story Telling” to “Group Healing”.

In addition, I also contribute myself as a director and dramatherapist to Woman’s Empowerment Movements in Taiwan. I have advocated V-day projects with local social welfare organizations in past ten years. Finally, Bare Feet Alice was founded, which is the first playback group focusing on gender issue and aiming at empowering victims of violence to voice out for themselves.

  • Center for Playback Theatreの国際認定トレーナー。
  • 台湾のEven Nearの芸術担当。
  • 2009年のアジア大会会長。
  • 2011年に国際ストーリーテリングトレーニング(英国)卒業。
  • 2008年にリーダシップ(米国)卒業。
  • 2003年にドラマセラピーで修士号取得。

 台湾初のプレイバックシアター劇団「Even Near」を2004年に設立。芸術担当として,即興パフォーマンスに専念し,プレイバックシアターを「個人のストーリーテリング」から「集団の癒し」へと拡大した。さらに,台湾における女性のエンパワメント運動では,指導者としてドラマセラピストとして貢献している。過去10年間,地域の社会福祉団体と共に,V-dayプロジェクトに取り組んでいる。ジェンダー問題に焦点を当てた最初のプレイバックグループである「裸足のアリス」の設立に携わり,暴力被害者のエンパワメントを目的とし,自分たちの声をあげる活動を行っている。

Japanese way. Simplicity is the ultimate beauty; プレイバックシアターにみる日本的美意識

Trainer;講師

  • Kayo Munakata (Japan);
    宗像佳代(日本)
  • Languages she uses 使用可能言語
    English & Japanese 英語・日本語

Description;概要

 We will explore some useful elements from Japanese arts, focusing on its movement aesthetics - gestures, rhythms and percussive framework. This workshop will appeal to performers who are interested in broadening their vocabulary of physical expression by meeting Japanese culture's practice. The intention is to build a bridge towards understanding the particular art form and then explore together how we can borrow these ideas to inform the artistry of our playback work.

 日本特有の美意識、美的センスである「簡素」「余白」「間(ま)」をプレイバックシアターの実践に取り入れる試みを行います。枯山水にあるような簡素や余白の感覚、日本舞踊などの世界で重んじられる間(ま)、そこに漂う緊張感、清々しさ、心地よさは、作り手の正確な技、要求される技術の高さあってのものです。
 日本的美意識にあふれたプレイバックシアターを創りだすとしたら、それもまた、私たちの緻密、丁寧、繊細な美意識を研ぎ澄ますことから始まります。日本人が豊かにもっていた感受性を世界に紹介し、共有する2日間になることでしょう。

Biography;講師紹介

 She graduated from the School of Playback Theatre (NY, USA) in 1995; and is a founder-member of Playback AZ and also of the School of Playback Theatre Japan. She is an Accredited Playback Theatre Trainer. For 21 years she has been an Artistic director of Playback AZ which is the most prominent playback theatre company in Japan. In 2003 they successfully hosted the IPTN world conference in Japan. Kayo performs as well as trains in schools, collages, corporations and government with deep empathy and sensitivity. 
 スクール・オブ・プレイバックシアター日本校校長。劇団プレイバッカーズ代表。外資系企業、人材コンサルタント企業勤務を経て、株式会社アズ設立、官公庁、企業などの各研修にて講師を務めていたときに、プレイバックシアターに巡り合う。1994年に劇団設立、1998年にスクール創立、校長就任。国内の大学や各種教育機関に加えて、台湾、中国、香港、シンガポール、フィリピンなどのアジア諸国、アメリカ合衆国、イギリス、カナダ、ドイツ、オーストラリアなど海外での指導も増えている。スクール本校を兼ねる世界的組織Center for Playback Theatreが認定する「国際認定トレーナー」の審査委員。